すごい!!!日本らしい、さすが京都>ウイルス と”くっつく”薬剤 新型コロナ感染拡大に終止 符と期待

Snagit1_11.png

news.yahoo.co.jp/articles/c3cc2e9ac6504f991c33243429612102635d0fbe

すごいですねぇ、この発想力。

こんなふうに別の角度からの切り口があるもんなんですねぇ。

日本のため、世界のため、期待しています。

関西テレビ

京都府立医科大学が新型コロナウイルスの重症化を防ぐ、新たな研究成果を発表
しました。

京都府立医科大学の星野温助教の研究グループによると、新型コロナウイルスは、体内の「Ace2タンパク質」と結合し感染を引き起こすということです。

研究グループはこのタンパク質よりもウイルスに対して、結合力が100倍強い「中和タンパク製剤」という薬剤を開発したと発表しました。

体内に侵入したウイルスが、肺などに広がる前に中和タンパク製剤とくっつくため、患者の重症化を防ぐ治療に繋がるということです。

星野助教のグループは「新型コロナウイルスの感染拡大に、終止符を打つことが期待される」と話しています。

今後、民間企業と共同で安全性などを確認しながら、実用化に向け薬の開発を始めるということです。

関西テレビ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする