なんじゃこりゃぁ>「紙カミソリ」は“成熟した 技術”から誕生 貝印が部門横断メンバーで新た な開発に挑む

Snagit1_8.png

news.yahoo.co.jp/articles/67f1f76bf28b74b5bdcd4a99e22a1f17ee48b1b8?page=3

びっくり、すごい、さすがです。

WWD:今後のビジョンについて。

塩谷:カミソリは安い中国製品が台頭してきているので、日本で付加価値の高い商品を生み出していきたいですね。それはサステナブル含め、次の100年に向けたチャレンジだと思っています。お客さまに選んでいただける存在になれるよう、チャレンジを続けていきたいと考えています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする