Microsoft Officeに代わるフリーのソフト「LibreOffice」

今日のテーマは「フリーソフト」「Microsoft Office」「エクセル」です。

パソコンをする上で、「エクセル」は、誰にも共通の必須のソフトだと思います。

この「エクセル」は、単体でも売っていますが、通常は、Microsoft Officeのパッケージを購入して、その中にある「エクセル」を使うことになります。

ところが、Microsoft Officeは、価格を抑えてパソコンを利用したい、という場合には、最大のネックになります。

例えば、2万円~3万円のWindowsパソコンを購入してきても、通常は、Microsoft Officeは入っていません。

そこで、追加でMicrosoft Officeを購入しようとすると、パソコン本体と同じかそれ以上の金額を出さないと買えません。

せっかく、安くていいパソコンを見つけてきたのに・・・・・。

そこで、価格が10分の1位のMicrosoft Officeと互換性がある、というソフトを購入する、というユーザーもいます。

しかし、諸般の理由で、私は、互換性がある、という安いソフトをお薦めしません。

ではどうするか?

私は、フリーのソフトの「LibreOffice」というソフトをお薦めしています。

この「LibreOffice」は、「Microsoft Office」 にあたるもので、
このパッケージの中の「Calc」がエクセルにあたります。

「LibreOffice」のダウンロードサイトのご紹介

「Microsoft Office」を持っているから必要ない・・・。

いえいえ、この「LibreOffice」の素晴らしいところは、インストールが必要ないPortable 版があるんです。

このPortable をUSBに入れて持ち歩けば、エクセルのないパソコンでも、エクセルを利用することができます。

※下記サイトは、公式のサイトで安全のはずです。

まずは、下記で確認してみてください。
ja.libreoffice.org/discover/calc/

私は、USBに入れて持ち歩くタイプを使っています。
Portable版
LibreOffice Portable です。
ja.libreoffice.org/download/portable-versions/

画面中央の
「LibreOffice 6.0.4 Portable MultilingualStandard <–> LibreOffice 6.0.4 Portable MultilingualAll」
ここをクリックするとダウンロードできるはずなのですが、リンク先が正しく表示されないかもしれません。

そこで、他のダウンロードできる場所を確認したら下記からがよさそうでした。
ftp-srv2.kddilabs.jp/office/tdf/libreoffice/portable/6.1.2/

この中の
「 LibreOfficePortable_6.1.2_MultilingualAll.paf.exe 2018-10-15 20:48 185M 」

なお、管理者権限でクリックすると「インストール」の文字が出てきて
びっくりしてしまいますが、ボータブル版の「インストール」は、
「LibreOfficePortable」というフォルダーを作成して
その中に解凍しますよ、ということです。

今、私も念のため今ダウンロードして再現して確認しましたので大丈夫だと思います。

外出先でエクセルのないパソコンでエクセルファイルを使う場合に重宝します。

また、容量の少ないノートの場合にも、重宝します。

シンプルで高性能で、しかもフリーです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする