詐欺メールに注意>二回目特別定額給付金

二回目特別定額給付金(新型コロナウイルス感染症緊急経済対策関連)
二回目特別定額給付金の特設サイトを開設しました。(令和2年10月14日)
特別定額給付金ポータルサイト(サイトへリンク)

最新の情報についてはこちらをご覧ください。

こんな内容のメールが届きました。

総務省のロゴが貼られていて、HTML形式(ホームページと表示が同じ形式)で
メールを見ると、ひっかかりますね。

www.soumu.go.jp/menu_seisaku/gyoumukanri_sonota/covid-19/kyufukin.html

上のアドレスは、本物です(https://www.soumu.go.jp/〜)

上記の総務省の本物のサイト

画像でお見せすると、下記のような内容です。

今回、メールで届いた内容(偽メール)

画像でお見せすると、下記のような内容です。

メールの差出人も、総務省になっていますし、メールの最期に
総務省のロゴが貼ってありますので、これは、やられてしまいますよね。

リンクの表示の裏に隠れているリンク先を確認すれば、わかるのですが、これは、ホームページを作成したことがある人なら理解できるのですが・・・・。
通常は、わからないですよね。

私の勘違いではないですよね?

Amazon、アップル、銀行などなど、最近は、差出人の名前やメールアドレスの宛先を本物と同じにしていたり、ロゴまでコピーしていて、本物と区別がつかないメールがたくさん届いています。

これを取り締まれないようでは、このまま野放しでは、デジタル推進は無理ですよ。

安心してインターネットができるように、ぜひとも、対処をお願いいたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする