なるほど>「エホバの証人」元信者の告白…宗教 の勧誘、実はこんな人たちをターゲットにしてい る

Snagit1_25.png

news.yahoo.co.jp/articles/76be12107bf4f34e8bf0c0c7cfccbf8e815d945c?page=1

信者にも激震が走った「地下鉄サリン事件」

写真:現代ビジネス

 最近、NHKオンデマンドの『未解決事件 File.02 オウム真理教 17年目の真実』を見た。

【写真】「先生は一切避妊をしなかった」 教師の性暴力に苦しんだ女性の告白

 地下鉄サリン事件が25年前の1995年であったことを考えると、若い読者の中には当時の事件のインパクトが分からない方も多いだろう。丸の内線、日比谷線、千代田線の車両の中で通勤ラッシュ時間に猛毒ガスが散布されて14人が死亡。大量の負傷者を出した。

 なぜ、愛を教えているはずの宗教団体が大量殺人を計画するのか。それまで一般社会人だった人は、どのように洗脳されてオウム心理教のような教団と教祖を信望するようになるのか。信者はどういった正義感で地下鉄サリン事件を起こそうとおもったのか。通常感覚でいえば謎だらけである。

 実は私はこの時24歳で、ちょうどものみの塔(通称エホバの証人)の世界本部で集団生活をしている時だった。当時の教団の総本山であるブルックリンに3000人の熱心な信者が共同生活を行なっていた。

 私は製本工場と発送部門に配属されており、工場で毎日肉体労働をしていた。教団が提供する一部屋に二人の信者と住み、食事は教団が提供してくれる。毎月の労働の対価は1ヵ月わずか90ドル(約1万円)。それでも当時は自分が幸せだと疑うことはなかった。

 そんな私がオウムのニュースを知ったのは、このブルックリンにいた時である。オウムのニュースをみた時に最初に思ったのは「洗脳されているカルト教団って怖いな」である。おもしろいもので私自身もそうだったのだが、洗脳状態におかれている者は自分が洗脳されている自覚が全くない。

 エホバの証人の間でもオウムは大きな話題であった。なぜならオウム信者は、世界の終わり――つまりハルマゲドンを信じていたのだが、ものみの塔も同じであったからだ。

 私なんかは「ハルマゲドンが来るから大学に行く必要もない」と教えられてきたくらいだ。世界全体がタイタニック号のように沈もうとしている時に、あなたは世の中で成功しようと無意味なことをするだろうか。

 とはいっても、このハルマゲドンは普通の感覚からすると突拍子もない滑稽無稽な話だ。おまえはナウシカかアキラか! とツッコミを入れたくなるだろう。しかしこれが、日本に実在する21万人のエホバの証人にとっては、切実でリアルな話なのである。

 今回は洗脳状態におかれた信者家族、そして子供たちがどんな心理状態にもっていかれるかを話す。

 これは信者にならないと分からない感覚だが、少しでも「世の終わり」を感じていただけるように詳細に書いていく。さらには、どういったカラクリでこのような滑稽無頭な終末論を信じるに至るのかについても考察する。

世界は終わるから大学に行ってもムダ

大勢の信者が大会に集まる

 「ボクたちが高校生になる前にハルマゲドンがくるってさ」

 こう言われたのは私が小学4年生の時だ。信者が毎週集まる集会に来た子供たちから、そう聞かされた。

 銀行員の父親の転勤でロスアンゼルスに引っ越してきた1年後のことだった。引っ越し先で母親はエホバの証人と聖書研究をはじめた。(その経緯についてはこちらを参考にしてほしい)

 私が10歳であった1981年当時は、アメリカとソ連(現ロシア)が対立する冷戦時代で、アメリカ人は核戦争の勃発を本当に恐れ、1999年に世界が滅亡するというノストラダムスの予言の本もよく売れていた。現在よりも「もうじき世界が終わる」という言葉にはリアリティがあった頃だ。

 「ハルマゲドンがやってくる」。は、小学生であった私にはかなり衝撃的なシナリオであった。

 教団の本には「神の裁き」によって大量に滅ぼされていく人々の絵が、大きくカラフルに、ドラマチックに生々しく描かれている。都会のビルがすべて崩れて、上から降ってくる、地が避けて人々が大穴に落ちて行く。

 子供ならばまずその絵で、頭を洗脳カナヅチでガツンとやられる。聖書と教団の教えに背いたら神によってサタンとともに永遠に滅ぼされる…! 

 このような社会背景のなかで、壮大な恐怖を語られて、それでもなお神と教団に逆える小学生がいたら立派としかいいようがない。

 これは小学生が校長先生に、サラリーマンが上司にたてつくというようなレベルではない。なにしろ神に対して直々に物申す行為なわけだから、大抵の子供はここで教団と親に対して絶対服従を強いられることになる。

 しかも神の裁きはもうじきやってくるので、子供たちは高校を卒業することがない。当然大学にいくなんてこともない。何よりも世界が滅びるのだから大手企業への就職を目指すこと自体がナンセンスである。大学や就職する時間があれば布教活動に時間を費やすべきだ。

 「ハルマゲドンの時にはお金をもっていても意味がないの」

 「これは子供の命がかかっているから、サタンに惑わされないように毎日気をつけないと」

 「うちの主人は真理を知らない(信者でない)から、私と子供しか助からないわ」

 なんていう会話を、信者の主婦たちは熱心にしていた。

 なんと信者でない人はハルマゲドンで滅ぼされるから、自分の旦那は死ぬだろうと彼女たちは本気で心配している。もし読者の家族がエホバの証人になっていたら、裏でこういう話を真剣にしていると思っておいた方がよい。

 当時は私の父親はまだ信者ではなく「世の人」であった。「サタンの世界に属する人」という意味で「この世の人」と信者たちは不信者のことをそう呼んでいる。

 銀行員の父親は、息子たちが受験をして大学へいくのが当然だと考えていた。ところが途中から母親が「この子たちは大学に行かせないっ!」と強く主張するようになった。

 親父としては「まさか本気じゃないだろう…」といっていたが、10年後に私も弟も大学に進学しなかった現実を目の当たりにして「本気の本気だったんだ」と悟ることになる。

 そしてこの時に、ついに父親が母親にギブアップして信者になった。その時は母はもちろん、私も弟と妹もいっしょに「これでお父さんも助かる!」と大喜びした。

「サタン」とは一体誰なのか

Image by iStock

 神はなぜこれほどまでに世界を滅ぼしたいのか? 聖書を見ると、人類はアダムとイブの時に神を裏切ったことになっている。以来、世の中を支配しているのは神ではなく別の者である。それは一体誰か? 
 ヨハネ第一5:19に「全世界が邪悪な者の配下にある」と書いてある。この邪悪な者こそが悪魔サタンである。コリント第二4:4にはサタンが「この世の神」であると答えが示されている。

 人類はサタンのもとに支配されている。サタンは神に敵対して、人間を誤導するために国家を含む政治システムを作り上げた。

 『バビル二世』という昔のアニメがあるが、これに登場するバベルの塔は、聖書の最初の書である創世記からきている。聖書によるとニムロデという強い指導者が現れ、神に対して反乱をおこして天にまで届く高い塔を建設した。

 神が人類を統治するべきなのに、神に代わって自分が国家をつくって人類を統治する。この人間の傲慢さに神は腹を立ててバベルの塔を崩した。

 エホバの証人からみると、国家や政府はサタンの意思を遂行する機関である。だからクリスチャンは政府からの圧力に屈してはならない。当時小学生であった私の場合、これは国旗敬礼から始まる。もちろん「君が代」を歌うなんて論外である。

 アメリカの学校では毎朝教室で起立して国旗敬礼の言葉を暗唱する。体育館で生徒全体が集まった時も全員が立って手を胸にあててアメリカ合衆国への忠誠を誓う。

 全員が起立している時に私一人は座っていないといけなかった。みんなと立っているだけで賛同・同調しているように見られるからという理由からだ。

 教室で国旗敬礼をしないは学校の規則に反する。というわけで、私はいつも親から「信条の理由で国旗敬礼はできません」と書かれたメモをもって先生に説明をしなければならかった。

 これをみて「あら、強い信条をもっていて偉い子供ね」と思うか、「子供の時から洗脳されて大丈夫か?」と考えるかはその人の視点によるだろう。

 当然まわりの友達からなぜ国旗敬礼をしないのか? なぜ誕生日やクリスマス・パーティーに参加できないのか? なぜレスリングの授業に出ないのか? とたくさん聞かれる。

 子供としてはいちいち弁明するのも恥ずかしいし、屈辱感も感じる。しかし時間の経過とともに、私自身は「自分は困難(迫害)をのりきって、信仰を強くできた」と自己洗脳を強めることになる。

 エホバの証人の拡大解釈はさらに進み、学校の生徒会長の投票にも参加しないし、校歌をも歌わない。とにかくありとあらゆる活動を制限される。

 真のクリスチャンは、サタンの国家ではなく神の教団に対して忠誠を誓う。当然サタンは怒るので、エホバの証人は国家からいつ迫害されて殺されてもおかしくない、と考える。

 実際に第二次世界大戦の時にはナチスはエホバの証人を処刑している。この殉教こそがエホバの証人が真のクリスチャンである証となっている(と信者は主張する)。

 「もし迫害を受けて牢屋に入れられても、絶対に信仰を捨ててはならない」

 「もし処刑するといわれても、今ある命よりも楽園での命を得る方が大切」

 子供の時から私は母親からそう熱弁されて育ってきた。ハルマゲドンが迫っているので、いつ政府から迫害をされてもおかしくないと。牢屋に入れられて信仰を捨てるように迫られたら殉教する覚悟をもつようにと。

 だから私はニュースで何か大きな報道がある度に、ハルマゲドンがはじまって政府に殺されるかもしれない、という覚悟をいつも持っていた。特攻隊や自爆テロリストでもないのに、子供の時から死を覚悟している子もそういないだろう。そういう意味では精神的に強くなったともいえる。

ブランチ・ダビディアン銃撃事件の衝撃

教団教祖のデビット・コレシュ(Photo by gettyimages)

 こんな過激的な内容を長年刷り込まれてきたせいか、私は政府というものを信用しきれない節がある。原発の報道も、コロナの報道も正直半分怪しいなと疑っている。原発ではなにか都合の悪い情報を隠蔽したり、報道していない気がする。

 過剰なコロナ報道をみていると、数字をねじ曲げて、必要以上に恐怖を煽って視聴率を稼ごうとしているな…と思うのは私だけだろうか? 逆に我々日本人のお上を疑わないところはお気楽だなと思うぐらいだ。

 これは私だけに限った話ではなく、アメリカ人全般に多いと思われる。多くの陰謀論がアメリカから出ているのもうなづける。アメリカ人は基本政府を疑っている。だからアメリカ人が拳銃をもつ権利を主張するのも潜在意識のどこかで政府が弾圧してきたらどうしようと感じているからだ。

 『ターミネーター2』ではロスアンゼルスの外れの荒野に隠れる武装集団が出てくる。近未来のロボットとの戦争に備えるという設定だが、実はアメリカにはこういう民間武装集団が実在する。彼らは政府から弾圧されるという陰謀論を信じており、本当に武装して山の中や荒野に暮らしているのだ。

 実際に起きた有名な事件が、アメリカ人ならば誰もが知っているテロ事件。1993年に起きたブランチ・ダビディアンの銃撃事件だ。

 テキサス州のウェーコに本部を置く教団が不正に入手した銃などで武装し、強制捜査にあたった捜査官と激しく衝突。FBIとの銃撃事件にまで発展し、最終的には戦車で突入する事態となった。教祖といっしょに集団生活をしていた大人子供合わせて81名の死者を出し、生き残ったのはわずか9名の信者のみ。

 デビッド・コレシュを教祖とした教団信者もハルマゲドンを信じており、世の終わりに際して政府が教団を弾圧し最終戦争を仕掛けてくると信じていた。だからFBIの強制捜査を政府からの宗教弾圧であると捉え、信者一同は自分たちの信仰を守るために聖戦の銃撃戦に突入したわけだ。

 ちなみにこの教団はセブンスデー・アドベンチストというプロテスタント系の分派から派生しており、このルーツはエホバの証人と従兄弟みたいな関係にある。程度の違いこそあれど、多くのプロテスタント原理主義者が聖書の黙示録の預言を信じている。

 オウム真理教は、この考えをさらに一歩前に押し進めたものである。ハルマゲドンが神の計画であるならば、世の終わりがもっと早くくるように神のお手伝いをしよう。だからサリンを撒いてハルマゲドンの計画前倒しを図ったわけだ。

 そんなわけでサリンを散布した教団幹部もその時は崇高な善意でやっていたと思う。

教団の「人を洗脳する手法」

ハルマゲドンの時には信者は助かるというイラスト

 ここまできて素朴な疑問がでてくる。

 なぜ人々はそこまでしてハルマゲドンを信じているのか。というか、なぜアメリカ人でもない私の母親がハルマゲドンを信じるようになったのか。

 日本だけみても21万人の信者がおり、その大半はあなたの近所に住んでいるような、平凡な主婦たちである。なぜ普通に掃除、洗濯をして、布団を干し、夕飯の支度をしている主婦たちが、突然ハルマゲドンなんていうものを信じるようになったのか? 
 佐藤家親族のなかで、一番最初にものみの塔に入信したのは私の母親だ。母はそれなりの教養を身に付け、ちゃんとした大学にも行き、頭の回転もよいほうだ。彼女の父親(祖父)も学校の先生だったし、母親(祖母)もいわゆる毒親と呼ばれるような人でもない。普通の良い母親であった。

 そんな家庭で育った母親は銀行のOLになり、お見合いで親父と結婚する。子供が二人も生まれて、子育てに関してはそれなりに人生経験もあったはずだ。それが突然なぜハルマゲドン!? 
 この疑問はかなり大切な質問である。なぜなら同じことがあなたの家庭でも実際に起こりうるからだ。

 だから最初に何が落とし穴かを知っておく必要がある。私が経験してきたことを改めて考察するとこれらに要因があるのではないかなと思われる。

 (1) 大きな嘘ほど人は信じやすい
(2) 不安状態にある人は正常な判断ができない
(3) 言葉は蓄積されて「まさか」で突然ひっくり返る

 まず最初の「(1)大きな嘘ほど信じやすい」とはどういう意味か。

 例えば誰かが「この500円する水を飲んだら腰痛が治るよ」といったら誰もが「ウソつけ」と思うだろう。でもマルチ商法の人が病気で困っている人に、「この50万円する浄水器を買ったら癌もエイズもあらゆる病気が治るよ」といったら、怪しいかなとおもいつつ興味を持つ。

 次にもし飲み屋で隣の見知らぬ人から「明日必ず万馬券を当てるから1万円貸して」といわれたら、「絶対にそんなわけない」と思うだろう。ではもし隣の人がこういってきたらどう思うだろうか。

 「実は自分は世界的に有名な冒険家で、今は徳川家康の金塊をまさに掘り当てようとしているところだ。もし100万円の資金援助をしてくれたら、必ず100倍の1億円になって戻ってくる」

 これこそ非常に怪しいなとおもいつつ「でももう少し聞いてみよう」と思うだろう。

 人は自分の常識範囲を超えた大きな数字が出てくると判断基準が狂う。自分の常識では判断できなくなるからだ。

 「(2)不安状態にある人は正常な判断ができない」という話の一番わかりやすい例は「オレオレ詐欺」の手口だろう。

 息子が会社のお金を横領してしまったので大事件になる前に親に支払ってほしい。ここで不安に陥れられた人は詐欺にひっかかることになる。

 この最初の二つの要素は人がハルマゲドンを信じてしまう要因でもある。「明日雷が君の家を直撃するよ」といわれたら、「またまた冗談でしょ」と信じないだろう。でも「明日世界が終わるよ」といわれたら、訳がわからないけど「なになに、今なんていった?」と話を聞き始めてしまうだろう。

 それでも疑い深いあなた、実は最後に三つ目の要因があるのを忘れてはならない。それは「(3)言葉は蓄積される」である。

「まさか」という意識こそが洗脳の入り口

社会に不穏な雰囲気がでると世の終わりと結びつけてしまう思考回路

 もし読者の中に、自分は絶対に洗脳されないから興味本位で宗教の話を聞いてみよう、という人がいたら絶対におすすめしない(笑)。なぜなら「絶対にハルマゲドンなんか信じない」と思っている人ほど危険だからだ。

 まず世の中に「絶対」なんてないので、「絶対」を連発する人は感情的になっている場合が多い。激しい感情は理性や理屈を簡単に凌駕する。身近なところで言えば、例えば新婚当初に「私は絶対に浮気をしない!」と感情的に言い張る人ほど、場面が変われば感情的になって浮気に発展する場合がある。

 同じく「私は絶対に洗脳されない!」といっている人ほど、感情を揺さぶられる事件が起きると簡単に洗脳の罠にはまってしまう。

 油断するなかれ、言葉は蓄積される。エホバの証人があなたの玄関先にやってきたとしよう。そして聖書を開いてこんな話をする。

 「人類はエデンの園で神に反逆して以来、病気になって死ぬようになりました。そして世の終わりには世界戦争が勃発し、疫病が流行り、地震がおきて、全員が滅ぼされます。」

 その時は、絶対にそんな話はありえないと思って信じないだろう。ところが毎週その信者がやってきて毎回聖書からの話をポロポロとしていく。そしてあなたもなんとなくポロポロと聞いてしまう。そうやっている間にそれらの言葉が意識の中に蓄積していく。

 その後、大型台風がやってきて自分の家が流されてしまう。あるいはアメリカと中国との関係がこじれ、戦争が起きたりする。その時に「まさか、これが聖書の予言!?」と思ってしまう。

 毎回あなたが宗教信者の言葉を聞くたびに、その言葉は貯金箱のコインのように溜まって行く。そして何かの事件が起きた時に「まさか!」と貯金箱がひっくり返って、洗脳コインがジャラジャラと降ってくる。だから洗脳から自分を守るには、最初から話を聞かないことが最大の防御になる。

 特に専業主婦の場合、家事は忙しいけれど意識は暇になりがちである。余計な悩みや不安を溜め込んで、結論をださずに同じことをぐるぐる考える習性がある。やれ添加物が危険だ、オーガニック野菜じゃないと栄養がない、サプリを飲まないと病気になる…と、なにかと不安に囚われやすい。

 人は不安を煽られると理屈を超えた感情的な行動をとる。ハルマゲドンはくるわけないと思っているあなたも。今夏の猛暑の中、三密でもない道をマスクつけて歩いた人をよく見かけた。

 これに「コロナで死ぬ確率よりも、熱中症で死ぬ確率がよっぽど高いのに」と思うのは私だけだろうか……? 

佐藤 典雅(株式会社アイム代表取締役)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする