仕事をする内閣>ドイツ、少女像の許可取り消し  日韓間で中立必要と判断

Snagit1_19.png

news.yahoo.co.jp/articles/a2ec3507c97f791db847bc651717621ed583b616

 【ベルリン、ソウル共同】ドイツの首都ベルリン市ミッテ区は8日、区内
の公有地に9月末に設置された元従軍慰安婦の被害を象徴する少女像について、
設置許可を取り消したと発表した。14日までの撤去を求めている。戦時下の女性
への性暴力に反対するとの観点で許可したが、旧日本軍の行為に焦点を当ててい
ると指摘。区として、日本と韓国の間で中立性を保つべきだと判断した。

 設置の中心となったベルリンの韓国系市民団体は「公共の場での設置を続けたい」と述べ、ミッテ区と協議するとした。日本側は加藤勝信官房長官が像の撤去を求める考えを示していた。

着実に日本の立場を表明して、実現しているように思います。

今の内閣には、大きな道筋を期待しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする