お願いします>京大 新ワクチン補助剤発見で新 型コロナ収束へ

Snagit1_6.png

news.yahoo.co.jp/articles/e9d05c7d9951fd1ae5523c831497a72bed560915

効果の高いワクチンをより安全に作るきっかけになるかもしれません。

【東京大学医科学研究所 石井教授】
「今まで私が見たことないエキサイティングな発見です」

10月2日、京都大学の上杉教授らはワクチンの作用を強め、維持させる新たなワクチン補助剤を発見したと発表しました。
現在最も流通している「不活化ワクチン」は病原体となるウイルスの一部しか使用しないため、安全性が高い反面、効果は薄いとされています。
上杉教授らは7万個の化学物質などの中からコリカマイドというワクチン補助剤を発見。
ウイルスに成りすますことで、免疫活動を活性化させるコリカマイドの作用で効果も安全性も高い不活化ワクチンを作ることができると期待されています。
このコリカマイドは新型コロナウイルスなどの新たなウイルスにも対応できる可能性があるとしています。

多くの方がチームを組んで、日々寝る間も惜しんで取り組んでいらっしゃるんだと思うと、本当に感謝の念でいっぱいですが、山中先生が、ワクチンなどの開発、発見に尽力されているのだと思います。

世界中の人が大喜びする吉報を待っています。

そういう形で、中国からも尊敬される日本、というのが一番いい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする