お香典の行き先の方が気になる>中曽根元総理の 葬儀費“1億円”が物議 なぜそこまで 高くなる?冠婚葬祭の値切りにくさも?

Snagit1_79.png

news.yahoo.co.jp/articles/143cfb9ae3df83f137b552d7cdc9acdfb3788026

中曽根元総理の葬儀費の金額のみが騒がれていますが、私はその“1億円”の金額については、正直よくわかりません。

ただ、一つ気になるのは、むしろ、この葬儀で集まったお香典を誰がもらうのか、です。

もし、葬儀費が税金で使われるのであれば、お香典も、国庫に帰属するのであれば、むしろ、プラスマイナスで、葬儀費を賄えるのではないか、と思っています。

もし、このお香典を、例えば、自民党が、あるいは、一部議員が手にするのであれば、それはおかしい、と思うのですが、どうでしょう。

なぜ、マスコミは、こういう全体のことを伝えない、あるいは、問題提起しないのでしょうか。

不思議です。

ぜひ、葬儀のあとのお香典のゆくえの監視・チェックをお願いします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする