主治医の先生に相談を>65歳以上の接種10月 1日から インフルワクチンに優先順

Snagit1_46.png

news.yahoo.co.jp/articles/5394cb310769f280f133fe5f95024ea587f6e0df

 

加藤勝信厚生労働相は11日の閣議後記者会見で、新型コロナウイルス感染症との同時流行に備え、65歳以上の高齢者へのインフルエンザワクチン優先接種を10月1日から始めると発表した。60〜64歳で心臓や呼吸器の機能に障害がある人
も対象になる。

 それ以外の人は、10月26日から接種を受けられる。ただ、医療従事者や、高齢ではないが重症化のリスクが高い持病のある人、妊婦、生後6カ月〜小学校2年の子どもができるだけ早く接種できるようにしてほしいとしている。

 厚労省によると、今冬のワクチンの供給量は約6300万人分になる見込み。

今日、定期検診でこの記事にあるインフルワクチンの件で主治医の先生に相談しました。

受験生とか、どうしても、お願いしたい子供がいる場合とか、どうすればいいですか?

先生曰く、

そんな法律ないでしょ。

インフルワクチン大丈夫ですよ。ただし、予約は必要ですよ。

心配でしたら、諦めないで、いつもお世話になっている主治医の先生に確認してみてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする