時効の中断のことをなぜ言わないの?>小室 圭さん 「借金は時効で消滅」間近、堂々と結婚 発表か

Snagit1_36.png

news.yahoo.co.jp/articles/37f926a4605675c495e7333a6dff6eabb5298a02

今回の借金が時効で消滅という記事が出るたびに不思議なのが、なぜ、「時効の中断」の制度のことを一緒に書かないのか、ということです。

www.businesslawyers.jp/practices/230
債権が消滅しないように時効を中断させるにはどうしたらよいか

ただ、借金を“なかったこと”にするには、ある手順を踏む必要があるという。銀座さいとう法律事務所の齋藤健博弁護士が解説する。

この弁護士さんも、書いてあることは、時効を成立させる解説をしているだけで、時効を防ぐことについては、触れていません。

時効の中断は、法律を学んだことがある人にとっては、当たり前のことですが、一般には、知らない制度かもしれません。

ということは、今回の件で、一般の人は、ある期間がきたら、請求できなくなってしまう、諦める、ということになってしまいます。

マスコミの人も、なぜ、時効の中断のことを、きちんと書かないのでしょう?

もし、今回の件で、借金が時効で消滅するように事態になったら、責任問題ですよ。

だって、防ぐことができたからです。

優秀な法律の専門家がついているはずなので、まさか、時効で消滅というようなヘマはしないと思いますが、私のような素人でも心配になる記事ばかりです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする