一番気になった点がこれです>安倍総理を蝕むス トレスの元凶 周囲に漏らした「官邸から世論が 見えない」

Snagit1_107.png

news.yahoo.co.jp/articles/e18fc4df1ab0ec92489e96662ee55092cd1b8558

今夏、総理に会った関係者は、こう漏らしていたとも証言する。

「官邸から世論が見えないんだ――」

リーダーが世論やマスコミに迎合する必要はないし、してはいけと思うが、少な
くても、見えていないことには、どうしようもない。

「官邸から世論が見えない」というのはズバリ、官邸取巻きの役人どもが総理に入る情報を示威的に取捨選択しているからだ。特に経産省の今井補佐官のような官僚は、総理への面会アポまでコントロールしており、与党の重鎮でさえ、なかなか面会が叶わないらしい。国民よりも省益を優先し、国政そのものを官邸内部から歪める連中の権限から引きはがさないと、いつまでたっても日本の政治行政は先進国として恥ずかしい低レベルから脱却できない。

チームメンバー、知恵袋がよくなかったのかなぁ・・・。

例えば、アベノマスクが代表事例ですね。

いいことはいい、だめなものはだめ。

内閣総理大臣というと、安倍総理の顔が浮かんでくる。
外交面では、頼りになる、と思っていた。

ただ、だめなことも、いろいろあった。

それは、いいことと悪いことを、きちんと分けて考えることだと思う。

総理やめろ、という人がいるが、スムーズに引き継いで欲しいと願っています。

あとは、とにかく、一日もはやい健康の回復を!!!!      

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする