人間として許せない人>蓮舫議員“使い捨て離婚 ”の真相 家事、育児してきたのは夫

Snagit1_91.png

www.iza.ne.jp/kiji/politics/news/200826/plt20082617170014-n1.html?utm_source=yahoo%20news%20feed&utm_medium=referral&utm_campaign=related_link

「(家庭内の序列は)ママがズバ抜けていちばん上。私と弟がけっこう下にいて、犬3匹がいて、猫もいて…で、この辺にパパがいる

そうやって地面すれすれに手を下ろしたのは、立憲民主党の蓮舫・参議院幹事長(52才)の双子の長女すかさずさらにその手をグッと押し下げたのは蓮舫氏だった−−。

4年ほど前、蓮舫氏が特集されたバラエティー番組のワンシーン。番組には夫の村田信之さん(54才)や実母、さらには双子の長男・琳(23才)と長女も実名顔出しで登場し、赤裸々にプライベートを公開した。

娘からも「ペット以下」とされた信之さんはVTRで登場すると、「(ペット以下どころか)植物以下ですね…」となんとも寂しそうに呟いた。

そんな蓮舫夫婦が離婚していたことが8月25日、文春オンラインで報じられた。

「参議院ホームページに掲載されている蓮舫氏の本名が21日未明、『村田蓮舫』から『齊藤蓮舫』に変更された。それで離婚が発覚したそうです」(全国紙国会担当記者)

報道によると、蓮舫氏は8月7日に離婚届を提出。7月頃、蓮舫氏から離婚を切り出して、弁護士も入れない円満な協議離婚だったという。

私は、家族には手をあげることはしないが、もし、娘がこういう会話やしぐさを
したら、即座にたたいて、説教します。

というより、そんな娘には育てない。

この「パパ」=「国民」と置き換えることができる。

だから、蓮舫という人間は、妻としても、母親としても、人間的にも、政治家としても、信じることができず、嫌悪感を感じるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする