“危険水位”の中国・三峡ダム、共産党系メディ アも一面で報じる事態 「水害が政治にも関わる 状況に」

Snagit1_88.png

news.yahoo.co.jp/articles/c3c1647b03712e5a96238b19bed82b244e09adca
times.abema.tv/posts/8621471

三峡ダムの下流には長江サプライチェーンがある。

武漢にはホンダ、マツダ、多くの自動車部品サプライヤー、電機メーカが集積。
5月にコロナ後、武漢のホンダの生産再稼動の記事を読んだが その後の情報がない。
おそらく水没しているだろう。

政府の中国撤退要請を拒否して中国に残っているわけだから企業責任。

日本をスルーして中国消費製品を中国で生産している企業だから国益に協力しているわけでもない。だが、こんな企業にも「税制上の優遇措置」を適用しているから驚きだ。

日中合弁企業の法人税=利益×税率 ―(中国の課税分)
中国の課税分まで日本が負担する必要があるのか?

おまけに部品まで現地調達だからグローバル企業は「消費税」も払っていない。
こんな企業ばかりだから 企業と中国をまるまる太らせ 日本はどんどん貧しくなる。

こういう企業には法人税を上げて「税制上の優遇措置」を撤廃するべきだ。

食料不足による、日本の食材の爆買いを防ぐような対策をして欲しいです。
支援の依頼されても断って欲しいです。
中国にそういうことをしてあげても、政治レベルでは、当たり前だろ的にしか思われないです。
例えば、農家から米を買ってあげて、それよりもバカ高い価格で中国に売って、その差額を国内の経済の為に使うとか、税金はそういう感じで使って欲しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする