IR汚職事件の背後にちらつく中国共産党の影

Snagit1_87.png

news.yahoo.co.jp/articles/5f263681c64b52ed9f7cae4914acf7a01459cc72
jbpress.ismedia.jp/articles/-/61852

こんな記事を待っていた。
明らかに胡散臭いと思いつつ、けど日本は中国のネガティブな情報が極端に少ない。
二階が習近平の出身大学から名誉教授の称号をもらうなんて、まさに怪しさの極みじゃないか。
こんなことにもしっかり報道してこそジャーナリズムじゃないのか?

IRの様な巨額の利権絡みなら必ず大物、一昔前で言えば派閥の領袖、ドンが裏にいたものだ。

秋元被告の様な下っ端の独断場の訳が無いと思う。

侵略国家の首席を国賓として招くなどと四面楚歌になっても唱えていた議員いたが怪しすぎないか?

すでに中国共産党の術中に嵌っていると見た方が良いと勝手に思う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする