本当にその通り>中条きよし、元貴乃花親方との 離婚を著書で明かした河野景子さんに「ふざけて いる。こんなこと何で書くんだ」

Snagit1_85.png

hochi.news/articles/20190307-OHT1T50118.html

2019年3月7日 12時46分スポーツ報知
# 芸能
河野景子さん
河野景子さん

俳優の中条きよし(73)が7日放送のフジテレビ系「バイキング」(月〜金曜・前11時55分)に生出演。昨年10月に元貴乃花親方の花田光司氏(46)と離婚した元アナウンサーの河野景子さん(54)が上梓した著書「こころの真実 23年間のすべて」(世界文化社)で離婚理由などを赤裸々に書いたことを批判した。

中条は今回の出版に「ふざけているよね。どこで離婚しようが何しようが。どこの家庭もみんなそうなんだろうから。男と女は、結婚しようが恋愛しようが同棲しようが好きなところがあって結婚したり同棲するわけだから、別れたら、別れたで、生意気言うわけじゃないけど、相手だって再婚するわけだし結婚するわけだし、家庭もあることになるわけだし、こんなことを後々、本にして書く必要性がない。なんで書くんだって」などと批判した。

スタジオでは大相撲という特殊な世界に嫁いだことへの苦労などを議論したが中条は、「他の横綱の奥さんもいるし、他の関取の奥さんもいっぱいいるわけですよ。その人たちがこれを全部やりだしたら大変でしょ」と示し、「この人たちの世界だけじゃなくて大変な世界ってもっとあるわけでしょ。それがこういうことがあったからって全部、世間に知らせなきゃいけないって、オレの中では分からない。正直言って」と話した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする