なりたい人でなく適格のある人に>米大統領選、 ハリス氏は「米国初の女性大統領」に近づいた  日本も「女性の宰相候補」がいてほしいが…

Snagit1_81.png

news.yahoo.co.jp/articles/19dfc00987ca9d467b4b6bb6cb73a589c9f47afa

その昔、小学校5年のときに、1年間、私はいじめにあいました。

その時の担任が、女性教師でした。

小学校2年、3年、4年も、別のある女性教師で、その方は、私の一生の方向性を示してくれた、まさに、恩師でしたが、小学校5年の時の女性教師は、最悪な人でした。

この女性教師の夢は、「教師になりたい」ということで、その夢を叶えて教師となり、私たちのクラスの担任になりました。

確かに、経験は少なかったですが、人間的に、教師としての適格をもっていない人でした。

その時思ったのは、教師は、なりたい人がなるのではなく、なるのに相応しい人がなるべきだ、と思いました。

私は、男性、女性は問わずに、とにかく、適任者であれば、性別は問いません。

男性だから選ぶ、というのがおかしいように、女性だから、日本初だから、というので、女性を選ぶのは、間違っています。

稲田朋美議員は、宰相になりたいようですが、今までの経歴を見るかぎりは、宰相の適格はない、と思っています。

いやぁ、女性だから宰相・・・恐ろしいことです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする