本当に怖い熱中症>鶴瓶、夏休みのゴルフで「キ ャディーさんがもたれて倒れてきた」 熱中症で 夫人と介護

Snagit1_79.png

news.yahoo.co.jp/articles/da22e3d7a19a5752c96bb2e97e1e7cbcae2214e8

 

落語家・笑福亭鶴瓶(68)が23日、ニッポン放送「笑福亭鶴瓶 日曜日
のそれ」(後4・00)に大阪から生出演。22日まで夏休みだったと明かした。
例年はハワイに滞在するというが、今年は関西でゴルフをしたりしたという。

 酷暑の中のゴルフについて「キャディーさんがオレにもたれて倒れてきたんですよ」と緊急事態が発生したと明かし、「寝なあかん。ちょっとこっちって。マスク取らして、氷のうあてて介護しましたよ」と振り返った。夫人とともに介護したという鶴瓶は「そばで熱中症の人を見たん、初めてですよ」と明かした。

 細身のキャディーさんはおにぎりを食べさせると回復したといい、「これだけ食べなさいって。食べたらみるみる元気になった。お茶も飲んで」と説明した。

高校時代は、夏休みは炎天下で毎日、グランドで汗をかいてクラブ活動。
クラブ終了後は、はってバケツの水を飲んだ記憶がある。

当時は、それでも大丈夫だった。

しかし、この中は、はじめて、外での仕事中にフラッとして、やばい、と感じて、
すぐに水分を補給した。

すぐに、すっと、元気になるのを感じたけど、昨日も、横になりたい、という気
分になり、帰宅後、すぐに倒れるように1時間ほど爆睡したら、なんとか回復し
た。

最近の暑さは、昔の根性論では、たちうちできないということが骨身にしみてい
ます。

どうか、無理しないで、そして、少しでもおかしいと思ったら、水分補給して、
休むことです。

本当に、命にかかかわると思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする