専門家会議 発言録ほぼ黒塗り

Snagit1_66.png

news.yahoo.co.jp/pickup/6368947

黒塗りの理由について、内閣官房は「公表すると、率直な意見の交換が損な
われるおそれがある」としている。

西村経済再生相は、速記録を将来的に公表する意向だが、国立公文書館に移す10年後となる見通し。

わたしたちがこの黒塗りの下を目にするのは2030年代になりそうで、歴史的事態をどう検証するのか、検討を続けることが求められる。

政治判断で行ったのなら、それは、きちんと開示すべき。

判断のしようがない・・・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする