コロナ重症者「ICU患者はカウント除外」 東 京都の「独自基準」に医師も苦言

Snagit1_63.png

news.yahoo.co.jp/articles/867f0cb0fc055b36e8c852249cfb7adefd70c044?page=1

緊急事態宣言の目安ともなる新型コロナウイルスの重症者数について、東京
都がカウントの仕方を公表もなく変更していたことが分かり、医師らがツイッター
上で苦言を呈している。

 集中治療室(ICU)入りした患者数を外したといい、都の担当課に定義を変えた事情などを取材した。

ICUの患者だからといって、重症者かどうか必ずしもはっきりしないことが分かりました。カウントするのは適切ではないと判断し、ICUの患者数を外すことにしました。現場や医師の意見も伺っており、明らかに分かる指標にしたということです

 

ICU=集中治療室=「病棟で重篤な症状を表した患者」と理解していますし、それは、一般的な考えだと思うのですが・・・・。
ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%86%E4%B8%AD%E6%B2%BB%E7%99%82%E5%AE%A4
ウィキペディア

百歩譲って、ごまかしの意図がないのであれば、ICUの患者も、別枠でもいいので発表してもらいたい。

小池さんは、こういう事例を聞くと、正直信頼できない。

小池さんを都知事に選んだのは、私たちだ、と言われそうですが、だから、私は、小池さんには投票しなかった・・・・・。

都知事に再選された以上、パフォーマンスではなく、本当に都民、国民ファーストの仕事をお願いしますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする