習近平のオウンゴールで、中国の「経済」と「先 端技術」が後退する…!

Snagit1_62.png

news.yahoo.co.jp/articles/72a2590a96e3727e0c56bba1e5cdbfd006c84cac

個人的には、以前、秋葉原でパソコンの周辺機器を購入する際に、安いからと選んでいた韓国製から、日本製にするようにしました。

今回のコロナで中国の問題点があぶりだされて、ネットワーク機器は、中国製を選択するのは、やめました。

具体的には、現在、WiFiの見直しで、mesh機能を推薦していますが、その機種から、第一候補にしていた「tp-link」社の製品は、はずすようにしました。

もともと、meshは、メーカーからパソコンの中身が丸見えになってしまい、怖いと考えていましたが、世界市場シェア1位という「tp-link」は、Chainaなので、製品の信頼性というより、会社への信頼性ということで、慎重になった方がいい、という配慮からです。

確かに、レノボなども、価格は安いし、性能も悪くなくて、何も深く考えなければ、お薦めなのですが、やはり、Chainaは怖いので、私は、選択肢からはずしています。

今回のコロナのあぶり出しは、Chainaに対する今後の方針を明確なものにしましたね。

それにつけても、今回の中国の一連の動きは、別の見方をすると、本当にもったいない対応だと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする