ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

Snagit1_25.png

news.yahoo.co.jp/articles/700d3ed3cf9c0a3891d7139b43fbb9119f75a5be
<そのハチは、食事中の不運な男性の口の中に飛び込んできた>

生のハンバーガーを切り取ろうとするカリバチ imv-iStock.

家族と休暇中だった52歳の男性が、カリバチに舌を刺された後、自分の舌で窒息して死亡した。【アリストス・ジョージャウ】

【動画】カマキリを噛みちぎる世界最大のスズメバチの脅威

男性は 8月4日、フランス東部、アルプスの山々を水面に映すアヌシー湖のそばで亡くなったと、地元紙ドヒニー・リブレは報じた。

カリバチは、食事中だった男性の口に飛び込み、舌を刺したという。

舌はすぐに膨張を始め、男性は呼吸ができなくなって意識を失い、心臓が停止した。救急車が到着し、蘇生を試みたが無駄だった。

<舌と咽頭を刺されると危険>

男性は、フランス北西部のブルターニュ地方から家族でバカンスに来ており、4日は滞在の最後の日だった。

ハナバチ、スズメバチ、カリバチなどのハチに刺されても、めったに命には関わらない。ハチの種類によっては激痛があるだけだ。

専門家によれば、平均的な成人はハチに1000回刺されても耐えられるという。だが、舌と咽頭を刺された場合は命に関わる。

これらの部分を刺されると、粘膜部分が急速に膨張し、気道を塞いで窒息させることがある。

ハチの針にアレルギーがある少数の人は特に危険だ。刺されて10分で死に至ることもある。

それでも、ハチに刺されて死ぬのは例外的だ。アメリカで犠牲になるのは年平均60名ほどだという。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする