アイリスオーヤマのマスク、何がすごいのか?

Snagit1_18.png

news.yahoo.co.jp/articles/623a2577a83ee843be37e5c57b67b50439337f2a

 

アイリスオーヤマは今回、マスクの国内生産に対し、約30億円もの投資を行いました。月産:1億5000万枚(2020年8月に達成見込み)を実現するためです。
内容は、(1)関連建屋へのクリーンルームの導入、(2)マスクの自動生産ラインの設置と立ち上げ(40ライン分)、(3)必要材料(不織布他)の国内生産です。投資の理由は、政府に請われたこと、国民の役に立つためですが、その中には、しっかりとしたビジネス見通しがあるように思います。

アベノマスクで使ったお金を、マスクの工場を突貫工事で建設して、国民に配布したら、生きたお金になったと思います。

私は、工場建設にいくらくらいの費用がかかるのかわからなかったのですが、こうして、具体的な数字を聞くと、それは、できたんだと思うと、残念でなりません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする