ホテル事業者が明かすGo Toの制度欠陥。「本来 の目的に遠い身内で1.3兆円を分け合うものに なった」

Snagit1_17.png

news.yahoo.co.jp/articles/a3e9b74b3970f9cc299223c75be250294166308e?page=1

──前倒しがこれだけ混乱をきたすことは予想できたはずですよね。なぜ、旅行業界からは準備ができるまで待ってほしいという声が大きくならなかったのでしょう。

個人的見解ですが、感染が拡大する中でキャンペーン自体が中止されたり延期されたりすることを避けたかったのではないかと思います。

事務局は1900億円という大企業の年商並みの金額で受託しています。いつになるか分からない感染収束時期を見計らって延長するよりも、目先のキャッシュフローを優先したのではないかと想像しています。

見馴れた光景です。
誰かさんのお友達で金を分け合うという。

僕も旅館業ですが、開始直前でさえ現場が予約・問い合わせのお客様に説明が出来ないという、こういう制度を「破綻している」というのですよ。
被害はすべて誰かのお友達じゃない旅行業者、旅館という現場とお客様にしわ寄せしてね。

地方自治体が発行した地元旅行クーポンは某大手旅行会社に買い占められた。

クーポン利用期間は8/1まで。これがGoToを前倒しにした理由。
二階会長に利益の半分くらい渡ったんだろうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする