「日本企業は出ていくのか?」 危機感強める中国当局

news.yahoo.co.jp/articles/43c00cc246cd89162460c54e132ca51156693e45

 【北京=三塚聖平】中国側は、日系企業による「脱中国」の動きを警戒している。トランプ米政権が新型コロナウイルスの流行後に、世界経済の中国依存からの脱却を図ろうとしており、日本もその動きに同調するかどうか危機感を強めているとみられる。

 「本当に日系企業は中国から出ていくのか?」

今回のコロナを前向きに考えるのであれば、脱中国のきっかけになった、ということだと思います。

三峡ダムが決壊して、中国の機械が使えなくなって、復旧を要請されたら、そこに使うお金は、別の国の復興や支援に使うべきだと思います。

つまり、中国から別の国に鞍替えすべきですよ。

中国と軍事衝突なんてまっぴらごめんです。

真っ向対峙せず、ただ、ゆっくりと、着実に、確実に、中国から出ていくのがいい。

化けの皮がはがれた、というべきか、韓国とは別の意味で距離をおいてつきあう国だということが、よくわかりました。

トータルでいうと、今回、中国のために、いったいどのくらいの損害を与えられました?

費用対効果=中国から受けた損害対安い中国製品で節約できたお金→費用の方が圧倒的に多いですよ。

しかも、命、健康という一番大切なものまで奪われているんですよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする