中国の弾圧にさらされるウイグル文化、知識人が 相次ぎ消息不明に

Snagit1_163.png

news.yahoo.co.jp/articles/09bf1499fcf8a4f364dcd37ad5125234c5f36a88

【AFP=時事】中国・新疆ウイグル自治区(Xinjiang Uighur Autonomous Region)の自宅から、ブグラ・アルキン(Bugra Arkin)さんの父親であるアイエルケン・イブライン(Aierken Yibulayin)氏が突然、公安関係者によって連れ去られてから、2年近くがたった。

【写真】死者の眠りも妨げる…ウイグル人弾圧で墓地を破壊 中国

 2018年10月に拘束される以前、イブライン氏は多数の書籍をウイグル語に翻訳する大手出版社を経営していた。だがアルキンさんはそれ以降、父親の消息を知らない。

「父親は、ウイグルの出版業界に強い影響力を持っていた。そのせいで、中国政府の標的になった」

 米カリフォルニア州に住むアルキンさんはそう説明し、「これはまったく受け入れられないことで、私たちの生活は文字通り破壊された」と語った。

 だがこれは、アルキンさんに限った話ではない。

 米首都ワシントンに本部を置く人権擁護団体「ウイグル人権プロジェクト(Uyghur Human Rights Project)」によると、2017年4月以降、ウイグルの知識人少なくとも435人が拘束されたり、消息を絶ったりしている。

 ウイグル人の言語研究者や学者、出版者の摘発は、ウイグル人のアイデンティティーや文化を拭い去り、同国の多数派である標準中国語を話す漢民族に同化させようとする、中国共産党による活動の一環だと、海外の人権擁護団体はみている。

 その一方で中国外務省は、「いわゆる『ウイグル文化を抹殺するためにウイグル知識人を拘束している』という見解は、まったくのデマであり中傷だ」と反論した。

 ウイグル人の文芸評論家で作家のヤルクン・ロジ(Yalqun Rozi)氏は、新疆ウイグル自治区共産党委員会書記に強硬派の陳全国(Chen Quanguo)氏が就任した後、2016年10月の一斉摘発の第一波で拘束された知識人の一人だ。

 同氏の親族は後に、ロジ氏が2018年1月に国家政権転覆扇動罪で懲役15年の有罪判決を受けたことを突き止めた。国家政権転覆扇動罪は通例、政治犯に対して適用される漠然とした罪だ。

 息子のカマルトゥルク・ヤルクン(Kamalturk Yalqun)氏によると、ロジ氏が拘束されたのは、10年以上にわたって使用されてきたウイグル文学の教科書の編集を担当していたことに関係していると、当局は示唆したという。

 教科書に携わったロジ氏の同僚全員が、この時期の前後に拘束されている。

 新疆では2012年以降、260万人近い生徒たちに向けて、学校において標準中国語とウイグル語の2言語教育を徐々に適用してきた。

 これ以前には、主にウイグル語やその他の少数派言語で授業が行われていたという。

「こうした教科書の廃止とウイグル語教育の撤廃によって、ウイグルの次世代の若者たちは、自らとウイグル文化のつながりを見いだせなくなるだろう」とヤルクン氏は指摘。

「ウイグル人の全てのアイデンティティーを消し去り、中国語を話し、中国語で考え、自分たちの歴史や文化を知らない人々…になるように同化させるのが中国のやり方だ。これについて私は、悲しみと同時に憤りを覚える」と話した。【翻訳編集】 AFPBB News

”その国の名を誰も言わない”に書かれていることは事実なようです。ウイ
グルを含む中国での臓器狩りの告発者が2010年、17年のノーベル賞候補になって
いますね。
日本ではほとんど報道されないので、なぜだろうと思っていたところ、先日、テレ朝の小松アナが、ウイグル問題はメディアが扱いにくい 中国当局のチェックが入るという発言もあり、納得しました。
誰が中国当局を気にしているかですね。放送局の幹部だけでなく、政治家も大きく関与しているように思う。報道の自由が外国政府によって踏みにじられており、懸念です。
旧田中派(二階、小沢、鳩山)、公明(大作先生は中国寄り)、旧社会党系(靖国問題で中国に協力)は、一切、批判もしない。人権派と言われる弁護士の方々も沈黙してますね(日弁連は慰安婦問題を国際問題にした団体)。
中国の協力者は多く、騙されないようにしましょう。

国際的なジェノサイドの定義に当てはまる行為が国際連合安全保障理事会常任理事国により堂々と行われているのに、国際連合は沈黙している。
批判の声をあげているのはアメリカくらい。
皆、チャイナマネーで頬を張られて黙り込んでいる。
チベット、香港も同じ問題だ。
そんな大問題に沈黙する国際連合安全保障理事会はもちろん予算不足で機能不全に陥っている国際連合本体も無意味な存在になっているのは間違いない。
自由主義・民主主義という価値観を共有する国会群で、国際的な組織を再構成し、一党独裁や個人の独裁に加えて人権や自由に対して圧政的な体制の国家群を悪の枢軸と捉えて対峙すべきだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする