もう、ご馳走様>「東京に慰安婦像を建てよ」9 1歳元慰安婦の“手のひら返し”が腑に落ちないワ ケ

Snagit1_150.png

news.yahoo.co.jp/articles/671bf45eecbf622148fbcdc3df6b2f97ce17c36d

「少女像を東京の真ん中に建てて、行き来する人々が謝罪できるようにしなければならない」

【画像】6月24日に行われた慰安婦像前のデモの様子

 7月5日、元慰安婦の李容洙(イ・ヨンス)さん(91)は、慰安婦支援団体「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯」(正義連)の李娜栄(イ・ナヨン)理事長と面会し、こう語った。

 支援団体と歩調を合わせ、慰安婦像(少女像)の建設を訴えるのは従来通りの「反日発言」であり、いまさら驚きはしない。

 だが、李さんがこの期に及んでこうした発言をするのは腑に落ちない。

以前は、まじめに考えていましたが、今はもう、どうでもいいや、韓国だから、腑に落ちる。

冬ソナで、せっかく、韓国に対するイメージが変わったのに、本当にもったいないことです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする