国会のモラル崩壊 野田聖子氏は「女帝」熟読、 義家副法相はスパイ小説 野党議員も

Snagit1_146.png

news.yahoo.co.jp/articles/95e277407643e93ed4c6de100f84ef78a77816da

 国会の審議中に、議員が娯楽小説を読んだり、スマートフォンで趣味のウェブサイトを閲覧したりする行為が横行している。毎日新聞が新型コロナウイルス対策の審議など国民の関心の高かった5、6月の本会議や各委員会で調査したとこ
ろ、こうした行為を少なくとも10件確認した。国会は規則で議事と無関係な書籍などを読む行為を禁じている。【大場弘行、松本惇】

【写真で見る】議員たちの手元には…崩壊する国会のモラルの実態

 毎日新聞は、黒川弘務・東京高検検事長(当時)の定年延長問題で注目された5月13日の検察庁法改正案の審議中に、平井卓也・前科学技術担当相(自民)がタブレットでワニの動画を約5分閲覧している様子や、大西宏幸議員(同)が戦記小説を堂々と読んでいる様子を確認して報道した。この後、衆参の本会議や各委員会を任意に選び、同様の行為がないか傍聴席から調べた。

 調査の結果、自民党の衆参議員7人と立憲民主党の衆院議員1人の計8人が議事とは明らかに無関係な小説やスマホ画面などを閲覧していたことが判明した。野田聖子・元総務相(自民)は話題のノンフィクション「女帝 小池百合子」を、義家弘介副法相(同)はスパイミステリー小説を熟読。スマホを触って健康商品(セサミン)のモニターに応募する議員の姿も。

 元参院事務局職員の武蔵勝宏・同志社大教授(政治学)は「言論の府である国会を空洞化させる行為だ」としている。

コンビニ設置のカメラで、オーナーが一番監視しているカメラは、レジのスタッフの手元だ、と聞いたことがあります。

学校では、スマホを教師に預ける、ということも聞いています。

国会の審議中は、入り口に名札をおいて、スマホは、そこにおいて、議場には持ち込めない、ということにしたらどうでしょう?
うっ、これを書いている自分が情けない・・・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする