東京・荒川周辺 豪雨災害起きれば250万人 が浸水被害に

Snagit1_139.png

news.yahoo.co.jp/articles/81d8260829f627d8bfdb6dc25a9b425b40aef88e?page=1

 記録的豪雨で“暴れ川”と化した河川の水が、濁流となって堤防を越えていく。地鳴りのような轟音とともに家々に押し寄せ、またたく間に浸水。1時間ほどで1階をのみ込み、勢いはおさまることなく2階に迫る。避難場所は、もう屋根の上しか残されていない。目の前は荒れ狂った“海”となり、孤立した。

【完全図解】荒川の浸水危険エリアは?北千住駅は大丈夫か?

 濁流が押し寄せた繁華街では、逃げ惑う人でパニック状態になっている。水が地下街に一気に流れ込み、地上に上がりたくとも、水の勢いに負けて階段を上れない。その間にも、水かさはどんどん増していく――。

 これはあくまでシミュレーションだが、こうした光景が現実となる可能性も充分に考えられるという。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする