豪雨続く中国東部で13の水門を緊急開放、流域 に水押し寄せる

Snagit1_121.png

news.yahoo.co.jp/articles/d0ba326c87f50c64afc819f936795aa375ea56dc

中国新華社通信によると、豪雨が続く安徽省のダムで緊急放流が行われた。
13の水門が開かれ、約20万人の人々が暮らす地域に水が押し寄せている。

現地ではこのところ豪雨が続いている。20日、同省を流れる淮河の水位が急速に上昇し、警戒水位を36センチ上回った。

20日朝、地元当局は4段階の警戒レベルのうち最高の赤警報を発令した。また淮河の管理当局によると、中国政府は淮河流域の緊急対応レベルを最高のレベル1に引き上げた。

地元気象当局によると現地では今後も豪雨が降り続く見通し。

明日は、我が身。
昨年の台風のときに、はじめて介護中の母を連れて避難場に退避した。
もし、あのとき、荒川の河川敷が決壊したら、今の中国と同じような大惨事になっていたことだろう・・・・。

ただ、あの恐怖は、毎年襲ってくる可能性がある。

明日は、我が身・・・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする