東大に「推薦で入った人」のプレゼンが凄すぎた

Snagit1_114.png

toyokeizai.net/articles/-/303633?utm_source=yahoo&utm_medium=http&utm_campaign=link_back&utm_content=related

東大の一部の学部では、「プレゼンによる推薦入試」があるといいます。それで合格した人は、何が違うのでしょうか(画像:haku/PIXTA)
偏差値35から奇跡の東大合格を果たした西岡壱誠氏。そんな彼にとって、東大入試最大の壁は「全科目記述式」という試験形式だったそうです。
「もともと、作文は『大嫌い』で『大の苦手』でした。でも、東大生がみんなやっている書き方に気づいた途端、『大好き』で『大の得意』になり、東大にも合格することができました」
「誰にでも伝わる文章がスラスラ書けるうえに、頭もよくなる作文術」を『「伝える力」と「地頭力」がいっきに高まる 東大作文』にまとめた西岡氏が、作文と共通する「プレゼン術」を解説します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする