的外れだと思ったらフジテレビ 解説委員だった か、納得>夏休みに旅行に行くかどうかも自分一 人で決められないのか

Snagit1_69.png

news.yahoo.co.jp/articles/01fbc9679ebdda755158e7faa9a2a64344c867ed

あ、またフジテレビ関係者だ

「GoToキャンペーン」について的外れなことを書いている人をみて「あ、またやっばり フジテレビ 解説委員」と思った。
>でもそんなこと決めるリーダーは世界にいない。そんなことしたら専制君主だ。

例えば、船乗りが海のど真ん中で行き先を迷ったときに、船長(リーダー)は、北
極星を頼りにと、あるいは、羅針盤を頼りに、行き先や方向性を示すと思います。

嵐にまきこまれそうになったら、一時、避難をしたり、そういう安全な航海のために、行き先や方向性を示すのが、リーダーだと思います。

そういうリーダーのことを誰も「専制君主」だとは言いません。

今回、いろいろな事件で、フジテレビのトップやら責任者の嘘やごまかしと思わざるをえない会見などを見るにつけ、今回のこの無責任な記事も、やっぱりフジテレビ関係者だった、
と納得したのは、このような理由からです。

責任あるマスコミなら、今回の政府の行っている政策のお金の流れを解明して、解説してもらいたい。

これを書いている人も、裏で何かあるのではないか、と勘ぐってしまいます。

的外れにもほどがある。
キャンペーンなんぞ、やらなくても旅行に行く人は行く。今だって、舞台を見に行く人だっているわけでしょ??
みんな、日々、コロナに気をつけながら、生活してる。
キャンペーン=旅行の許可なんて、思っていないし。
その中で、わざわざキャンペーンをやって、県境をまたぐ移動を推奨する必要はないでしょ。
日常の範囲で、ウイルス感染が広がるならまだしも、政府が流行していない土地にわざわざウイルスを持ち込むような人の移動を推奨する必要はないと言っているだけだ。

あ、また日本的な風景だ

FNNプライムオンライン

「GoToキャンペーン」についてガタガタ文句言ってる人が多いのを見て「あ、また日本的な風景だ」と思った。

【画像】「国民感情に寄り添いながら国交省において検討を進めている」と弁明する西村経済再生相

このキャンペーンは新型コロナで疲弊どころか壊滅状態にある観光業を救うために税金1兆7千億円を使って国民に旅行に行ってもらおうという計画。自粛にうんざりしていた国民にとっても夏休みに一気に憂さを晴らせる機会なのだ。

ただ感染の再拡大で「行ってもいいのか」「受け入れてもいいのか」と双方が疑心暗鬼になっている。
旅行に行くかどうかかくらい自分で決めなよ

個人的な意見を言わせてもらうと、いい大人なんだから、行きたい人はルールやマナーを守り、リスクも取って行けばいい。怖い人は行かない。受け入れる方は、感染防止対策をして、リスクを取って受け入れればいい。怖い人は受け入れない。それだけのことではないのか。

だがどうやら日本人はそれではダメらしい。行っていいのか悪いのか、呼んでいいのか悪いのか、誰かに決めてほしいのだ。たぶん安倍首相に。

でもそんなこと決めるリーダーは世界にいない。そんなことしたら専制君主だ。民主国家ではない。民主国家ではそういうことは自分で決めるのだ。

でもたぶん日本人は自分でGoToキャンペーンに参加するかどうか決められない、誰かに決めてほしいと思っている甘ったれなのだ。

新型コロナで観光業が受けている被害は飲食業の比ではない。感染症が流行しても人々は飲み食いはするが、観光はしない。特に外国人観光客がまさに「一人も」入ってこないという状況は観光業にとっては悪夢だ。
我々は日常に戻らなければいけない

政府は先週からイベントなどの開催を緩和し、プロ野球やJリーグが観客入りの試合を始めた。芝居やコンサートも始まった。しかしさっそく劇場でクラスターが起き、主催者側の甘い対応に批判が集まっている。

だが我々はそろそろ日常に戻らねばならない。コロナと共に。70代80代の重症化の可能性が高い人たちは慎重になるべきだが、若者はいつまでも家にいてはいけない。マスクと手洗いとうがいをちゃんとして、3密を避けて(これらができてない人たちが意外に多いが)、我々は日常に戻らなければいけないのだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする