日銀決定会合で大規模緩和を継続、黒田総裁「日 本経済は底を打った」、年後半に回復へ

Snagit1_68.png

news.yahoo.co.jp/pickup/6365520

黒田東彦(はるひこ)総裁は国内の景気状況について「極めて厳しい」としながらも、「日本経済は全体として底を打った」と述べ、今年後半に徐々に回復に向かうとの認識を示した。

パソコンの修理や訪問でのメンテナンスの仕事を再開したいですが、私がコロナの運び屋になったら大変なので、極力、外出は控えています。

この生活は、残念ながら、出口が見えなくて、当分続くと思います。

つまり、私のところでは、底を打った、とは言えない状態です・・・・。

きっと、多くの企業やお店は、そうだろうと思いますので、この会見内容は、信じることができないのですが・・・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする