感染増「今は制御困難」 西浦氏、山中氏との対 談で語る

Snagit1_60.png

news.yahoo.co.jp/articles/86ee78968298dc75939dd5419f6957795d721390

13日午前9時まで見られる。

本編 第84回日本循環器学会学術集会 記念対談「新型コロナウイルスの流行における意思決定 〜未曾有の状況下でどう考え、どう判断すべきか〜」

13日午後13時過ぎの段階でも見ることができますが、そもそも、なぜ、こんな重要な内容が、期限付なのか不思議でならない。

昨晩、見せていただきましたが、8割おじさん、などと言っているマスコミに対して、怒りが込み上げてきます。

不思議なのが、こういう対談や対策会議を野党の政治家などがしないのは、なぜなのでしょうね?

後出しジャンケンではなくて、政治生命をかけて、今回のコロナに立ち向かう政治家、議員さんはいないのでしょうか。

ちなみに、この動画のすぐあとに、「第26回京都賞 高校生特別授業「人間万事塞翁が馬」京都大学iPS細胞研究所所長 山中 伸弥 教授 2010年11月16日」
も見せてもらいましたが、山中先生が、なぜ、今、コロナ問題に立ち向かわれているのか、理解できました。ビジョン、志なんですね。

第26回京都賞 高校生特別授業「人間万事塞翁が馬」京都大学iPS細胞研究所所長 山中 伸弥 教授 2010年11月16日

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする