これが山中伸弥先生だ>第26回京都賞 高校生特別授業「人間万事塞翁が馬」京都大学iPS細胞研究所所長 山中 伸弥 教授 2010年11月16日

この特別授業の2年後、2012年ノーベル医学・生理学賞を受賞されたんですね。

このようなビジョン、志を、わかりやすい言葉で熱く語ってくれる機会をもてた高校生は、幸せでしたね。

今のコロナの時代に、山中伸弥先生がいてくれて、ありがたいとしみじみ感じました。

これは、山中伸弥先生の今を理解するのに、必見の動画だと思います。

第26回京都賞 高校生特別授業「人間万事塞翁が馬」京都大学iPS細胞研究所所長 山中 伸弥 教授 2010年11月16日

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする