新型コロナ「後遺症」研究へ 呼吸機能の影響調 査 厚労省

Snagit1_46.png

news.yahoo.co.jp/pickup/6365033

 加藤勝信厚生労働相は10日の閣議後記者会見で、新型コロナウイルス感染症患者の中に退院後も呼吸機能の低下が続く人がいる可能性があるとして、実態把握のための研究を早ければ8月から開始する方針を明らかにした。

 
 厚労省によると、患者が陰性となって退院した後も、呼吸機能が低下し、酸素投与が必要になる例が報告されている。

 研究では、入院中に酸素投与が必要だった成人の重症患者1000人について、退院から一定期間がたった時点で肺機能検査や胸部のコンピューター断層撮影(CT)などを実施する。

 軽症患者1000人にも、退院後どのような自覚症状があるかアンケートを行い、状況に応じて血液を採取して分析する。 

このニュース、こんな小さく扱う内容ではない。
人類が今後向き合う苦痛に関する重大ニュースでしょ!

ワクチン開発と共に重要課題だと思う。感染しても多くが無症状や軽症であるかわりに、容態の急変による重篤化・致命化、呼吸器・血液etc.の厄介な合併症・後遺症もかなり発生している。これらの周知を促し「感染しない」をやはり基本に個々の意識向上を図るしか今はない。
色々大変だけど皆さん頑張りましょう

病院の機能が大丈夫なので、感染者数が増えても問題なしとしてるけど、これ多分国に対して将来訴訟案件になるのでは?

この政権も一部マスコミもしくはフリーアナウンサーや他分野ー経済学ーの大学教授が、感染症対策の接触制限法を批判して、現在ほぼ無策になってるけど、今のうちに誰が何を言っているかを記録しておくといい。

必ず訴訟案件になるから。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする