メール>返信と転送の違い・使い分け

今日のテーマは「メールの返信と転送」についてです。

一番の違いは、自分宛に送られてきたメールに「添付ファイル」がある場合です。

返信の場合・・・添付ファイルなしのメールになります。

転送の場合・・・添付ファイルも一緒にメールを送ります。

次は、自分から送るときに、宛て先のメールアドレスを入力するか、否かです。

返信の場合・・・宛て先に自動で相手先のメールが入ります。

転送の場合・・・宛先が空なので、転送先のメールアドレスを入力しないといけません。

なお、返信の場合の注意ですが、返信を選んでも宛先の「メールアドレス」が間違っていると届きません。

どういうことかというと、メールソフトを設定する際に「個人情報」として

  1. 名前
  2. メールアドレス

を入力しますが、このメールアドレスが、返信する際の宛先になります。

ですから、返信する相手が、メールの設定の初期段階で自分のメールアドレスを間違えると、「返信」の際に自動入力される宛名も間違えですので、返信のメールは届きません。

よく、名刺などでも、年賀状ソフトなどに登録しようとすると、郵便番号が間違っていることを発見することがあります。

自分の名刺の郵便番号を間違っているんですね。

同じように、自分のメールアドレスを自分のメールアドレスに間違って記載してしまうと、メールの相手が「返信」でメールを書いても、間違ったメールアドレス行きとなってメールは届かないわけです。

普段当たり前のように使っているメールですが、いろいろと注意する点があるもんですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする