三峡ダムのゆがみを認めるも「設計の許容範囲内 」=中国当局|三峡大?|三峽大?| Sanxia Dam

Snagit1_23.png 2020-07-06_21-12-23.png

三峡ダムのゆがみを認めるも「設計の許容範囲内」=中国当局|三峡大坝|三峽大壩|Sanxia Dam

困るのは、一般の庶民です。
無事で、終わりますように・・・・。

www.msn.com/ja-jp/news/world/%E9%95%B7%E6%B1%9F%E5%A4%A7%E6%B4%AA%E6%B0%B4%E3%80%81%E6%B5%81%E5%9F%9F%E4%BD%8F%E6%B0%91%E3%81%8C%E6%81%90%E6%80%96%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%AE%E3%81%AE%E3%81%8F%E4%B8%89%E5%B3%A1%E3%83%80%E3%83%A0%E6%B1%BA%E5%A3%8A/ar-BB15VAxY

 三峡ダムの下流は中国の最も都市と人口が密集している地域。万が一にも、三峡ダムが決壊すれば被災者は少なくとも4億人以上に達し、およそ30億立方メートルの土砂が三峡ダム下流域を襲い、上海までが水浸しになる、と言われている。大規模停電が起き、しばらくは復旧できまい。また、長江流域は中国経済実力の40%が集中する。つまり中国経済も潰滅し、その回復には数年かかるだろう。農業だって潰滅だ。
三峡ダムの位置。長江の上流には重慶市、下流には武漢市、上海市がある c JBpress 提供 三峡ダムの位置。長江の上流には重慶市、下流には武漢市、上海市がある

 また三峡ダム下流域には解放軍のロジスティクス部隊の駐屯地が集中すると指摘されている。たとえば空挺部隊の9割も三峡ダム下流域に集中する。解放軍は大災害のとき最前線で救援作業を行うが、三峡ダム決壊の災害の場合、解放軍のロジスティクスも大打撃を受けて、救援作業に支障が出るのではないか、と言われている。

 確率的には非常に小さく、ほぼあり得ない、と当局も繰り返し否定しているが、起きたら、目も当てられない惨状を引き起こす。そして普通ならあり得ないけれど、絶対にないとは言えない。まさしく「ブラックスワン」。

 
8年前の記事ですが゜この段階でも危険だと指摘されているんですね。
 
2012年07月23日-07月27日
トップ  > 科学技術ニュース>  2012年07月23日-07月27日 >  三峡ダム、明日未明にも流入量が建設以来最大に

三峡ダム、明日未明にも流入量が建設以来最大に

2012年07月24日

 中国国家洪水・干ばつ対策総指揮部(国家防総)が明らかにしたところによると、ここ数日の豪雨の影響を受け、長江上流の主流(宜賓、瀘州、朱沱、寸灘など)では相次いで水位が保証水位・警戒水位を上回った。関連部門の予報によると、三峡ダムは25日未明ごろ、毎秒7万立方メートルという建設以来最大の流入量を迎えると見られる。科技日報が報じた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする