韓国警察、最悪の連続殺人捜査の失敗を謝罪 20年服役の冤罪者も

Snagit1_8.png

news.yahoo.co.jp/articles/7329ce9caed8911aed3fb05e63a55968601c6e2d

 

一連の事件はポン・ジュノ(Bong Joon-ho)監督による2003年の映画『殺人
の追憶(Memories of Murder)』の題材にもなった。

 昨年になって、最新の犯罪科学技術を用いて当時の証拠品からDNAが採取され、イ受刑者が容疑者として浮かび上がった。最初の殺人から30年以上経っていた。

  

報道によると、1990年代に華城市の殺人事件の容疑者として警察に捜査を受けた人のうち、少なくとも4人が自殺。いずれも警察から暴行を受けたとされている。【翻訳編集】 AFPBB News

日本でもそうだけど免罪で何十年も服役って見る度に胸が痛くなる、人生返してほしいとかそんなレベルじゃないでしょ、しかもこれに関しては容疑者として取り調べを受けた4人が暴行を受けて自殺って、自殺を選ぶほどの暴行ってどんな拷問だよ。

韓流ドラマによくでてくる自白強要のための拷問は、そのまま,残っている、ということなんでしょうか・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする