長江大洪水、流域住民が恐怖におののく三峡ダム 決壊

Snagit1_142.png

news.yahoo.co.jp/articles/bb545cfaed38829ef676611646d6f71dff7cd354

■ 重慶の住民「こんな大洪水はみたことがない」

中国メディアの報道を総合すると、重慶周辺における洪水被害が6月22日以降かなり深刻で、重慶市水文観測総合ステーションは?江(きこう)区に「洪水レッドアラート」を発令した。これは1940年このステーションができて以来初めてのレッドアラートだ。この日午後、重慶市?江は基準水位を5メートルほど超えた。

華僑系通信社中国新聞の記者が?江区をリポートしていたが、重慶都市部と?江区をつなぐ橋を警察が守備し、人や車両の交通を止め、両岸には警戒線が張られて、人が近づかないようにされていた。川沿いの土地はほとんど黄土色の濁流にのまれており、川から道路へあふれでた水はさらに居住区の建物内に絶え間なく浸水していているという。

重慶の多くの道路は冠水し、軌道交通は寸断され、?江濱江路一帯の建物店舗は浸水被害を受け、一部地域では土石流も発生していた。重慶は断崖に刻まれるように道路や商業ビルや集合住宅がたつ高低差のある都市開発が特徴だが、濁流が高所の道路からあふれて、瀑布のように崖下に流れおちる映像がツイッター上で拡散されている。

山城重慶變水城,三峽大?危險了!  pic.twitter.com/iPojRXF0pX

― 滯泰江陰趙長傅 (@DhyhpA4mwiCAE39) June 22, 2020 地域住民はこれを見て、「1998年以来、こんな大洪水はみたことがない。私たちは逃げることができたが、間に合わなかったらと思うとぞっとする」と恐怖を語っていた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする