天才プログラマー金子勇さんを無罪に導いた壇俊 光弁護士、Winny事件の裏側と友情を語る

news.yahoo.co.jp/articles/857657d13d76c4d3e1dc2f78925f37e39e972245?page=1

 

よくも悪くも、このWinnyには、わくわくさせられました。

プログラミングに没頭する生活の中で、金子さんはWinnyを開発する。そこに目をつけたのが、サイバー犯罪対策に力を入れている京都府警だった。

 

おぼろげながらの記憶ですが、京都府警の警官が、自分のノートパソコンにWinnyを入れて、警察の情報が漏れてしまった、という事件があったと思うのですが。

それで、京都府警は、面子と敵討ちのために、金子さんを狙い撃ちにした・・・・・。

そういうように教えてくれたパソコンのベテランさんが当時いました。

あ、この情報は、噂ということで・・・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする