検診では要注意 病院が胃カメラからバリウムに変更を促す理由

news.yahoo.co.jp/articles/d73a5e3557743bb644fb6b2a691cff0238715da6

 バリウムに変更して検査を受けるか、変更せず胃カメラで検査を受けるか。
それぞれの判断でよいと思います。毎年、胃カメラで検査を受けている人も、こ
の機会にバリウム検査を受けるのは悪くありません。

胃がんの中でも難治性といわれるスキルス性胃がんは、胃カメラでは発見しにくく、バリウムの方が見つけやすい。胃がんの検査では、胃カメラの有効性が知られていますが、ことスキルス性に限っては、バリウムの方がいい。この先も何年かに1回は、胃カメラの人もバリウムを受けるとよいでしょう。

胃カメラについては、もうひとつあります。胃カメラの器具そのものを介した感染です。実はこれ、新型コロナとは別の話で、かつては器具を介してピロリ菌やB型肝炎ウイルスなどの感染が問題になりました。

もちろん、過去の教訓から今では器具の洗浄や消毒がしっかりなされていて、そういう細菌やウイルスの感染リスクはほとんどありません。当たり前のことをしっかりやっているだけですが、HPなどで消毒の徹底をアピールしている施設もあります。胃カメラ検査での感染が心配な方は、ガイドラインに沿った器具の消毒を徹底しているか確認するとよいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする