麻生財務相が民度発言で釈明 「おとしめるという話とは違う」

news.yahoo.co.jp/pickup/6361682

麻生さんが何かを言うたびに、マスコミや野党は噛みつきます。
確かに、今回も「民度」というのを、聞きようによっては、海外の人は、不愉快な気持ちになると思いましたので、ちょっとまずいかな、とは思いました。

ただ、実際に、身近な国の対応と比較すると、この「民度」というのは、やっばり日本人はすごいなぁ、ということを一言で言い表す言葉だと思います。

麻生さんの言葉も、そういう善意解釈して報道するマスコミや野党の議員さんがいてもいいと思うのですが、なぜ、何でも官でも悪意解釈するのでしょうね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする