安倍総理にはまだ期待をしています>アメリカと中国、どっち側につくのか?記者の質問に安倍首相は…

news.yahoo.co.jp/articles/09ae3ffbd238c9db88885264090d0b8752060a64

たとえ腹の中では中国に憤りを感じていても、日本国総理大臣としてはこの発言で良いと思います。発言内容としては、米国を支持しつつ、中国に対して一定の批判をしている訳ですから。もし本音を言いたいのであれば、首相補佐官あたりが中国をこき下ろせばいい。
中国のような独裁国家と習隠蔽総書記は大嫌いですが、隣国という事実は変えられない。日本の総理大臣としてはある程度、発言を穏当なものにせざるを得ないのは理解できます。

安倍首相に対し様々な批判がありますが、批判は批判として理が有るとしても国際的なバランス、外交における発言行動力では右に出る人はそういない。とにかく官僚や取り巻きのややこしさはこちら側からは分からないのでどうか難しい局面ではありますが日本の舵取りを間違わずよろしくお願いします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする