アウシュビッツ収容所の煙突から生活道具、修復 工事で発見

【5月24日時点】持続化給付金 追加情報等

いま中国がナチスよりも悍しいことをやっているのに世界は無言だ。

香港や台湾の声は聞こえるが、声も出せないチベットや新疆ウイグル自治区、内モンゴルの人達を開放するべきだ。

アウシュビッツは過去じゃない。

日本のすぐ近くで起きている。

アウシュビッツも広島も…戦争の残酷さを伝えるものを、もっと声を挙げて伝えていかなければならないと思います。

日本にしかできないこと、それは、唯一の核被爆国とし、核廃絶を世界に訴える
こと、実現させることだと思います。

今回、コロナではなく、核のボタンが押されていたと考えると、災い転じて福となす、つまり、核廃絶の絶好の機会なのではないか、と思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする