こういう識者のような人物が最悪>「日本のコロナ対策は奇妙に成功」と米外交誌、日本のメディ アもようやく気づき始めて……

news.yahoo.co.jp/articles/5fb8da05c3b807789eb7f7a2416187561f9c47dc?page=3

 皮肉なことに池田氏は、「日本人が新型コロナに感染しにくい理由を、日本人が解明する可能性は低いかもしれません」と指摘する。

仮にBCGのおかげで日本人は感染爆発が起きなかったことが明らかになったとすると、緊急事態宣言も、『8割の接触削減』も、全く意味がなかったことになってしまいます。特に政府の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議メンバーにとっては、自分たちの防疫政策を全否定されることになりかねません

せっかく感染を防いでいるのに、理由を解明して世界に説明できない。もし事実だとすれば、これこそ日本人の奇妙な点、だろう。

自分たちの防疫政策を全否定されることになりかねません

別に否定されようがそうでなくても、全くの未知の領域の困難に果敢に挑んだことに対して、否定されり非難される筋合いはありません。

非難されるべきは、この「池田」という識者のあとだしジャンケン的な意見だと思います。

ただ、一連のたくさんの人の意見を聞いていて、おぼろげながら、一見正しいことを言っているようで、非常識な識者がわかるようになってきましたし、こういうふざけるな、という意見も、自由に言えるところが、日本社会のいいところだと思うようになりました。正しい、正しくない、好き嫌いは別にしても、多様な意見を自由に論じることができることが、何より重要だ、ということが、今回のコロナの件で気づかされたことですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする