元気の出る記事>大谷翔平はマンガを超える伝説 級の存在。 指名打者→クローザーのち衝撃 が走った

headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200507-00893210-sportiva-base&p=1

「大谷が出てきたせいで、プロ野球の漫画を描きたいと思わなくなりましたよ」

フィクション泣かせの実在の人物。それが大谷翔平である。

ずいぶん前になりますが、人気マンガ「MAJOR」の作者、満田拓也さんに取材
する機会があったのですが、やはり大谷選手の登場に衝撃を受けたそうです。

実はマンガで二刀流のネタは思いついたそうですが、現実味がなさすぎると見送ったそうです。ところがご存じの通りでして、衝撃のあまり、再び野球マンガを描こうとしたのだそうです。

それで始まったのがアニメにもなった「MAJOR 2nd」ですね。そう考えると、大谷選手は人気作を生み出すきっかけになった、“生みの親”の一人なのかもしれませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする