安倍首相 給付金支払い時期「8月」と間違え… 「プロンプター」がトレンドワードに

headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200504-00000121-dal-ent

 安倍晋三首相
安倍晋三首相は4日、記者会見を開き、新型コロナウイルス特別措置法に基づく政府対策本部会合で、緊急事態宣言に関し、全都道府県を対象としたまま5月31日まで延長すると表明した。安倍首相は給付金の入金時期について「最も早い人で8月から」と「8日」と言うべきところを言い間違え、ネット上では「プロンプターを読み間違えたって、そもそも内容をちゃんと理解してればそんな読み間違いしないよね」と驚きとあきれる声がわき起こり、「プロンプター」がトレンドランキングの2位に浮上した(午後8時現在)。

安倍首相はプロンプターがある左右を見、ときに卓上にも目を落とした。「明日の支払いにも大変なご苦労をしておられる皆さんに1日も早く、使い道がまったく自由な現金をお届けしなければならないと考えています。5月1日から最大200万円の持続化給付金の受付を始めましたが最も早い人で8月から入金を開始いたします」と述べた。字幕では「8日」と流れた。

国民民主党の玉木雄一郎代表は「総理、給付金の支払時期について8日を8月と言い間違えた。早く訂正した方がいい」と素早くツイート。郷原信郎弁護士は「8日と8月を読み間違えるということは、『10万円を国民すべてに届ける』という最も重要なことすら、自分の言葉で話すのではなく、プロンプターに書いてあることを棒読みしているということ」とツイートした。

ほかにも「安倍首相が自分で政府の主要な政策の内容を把握していたら(5月)8日と、8月を言い間違えることはないだろう。一方、プロンプターの文字を棒読みしている場合、その間違いは普通にありうる」「8月と8日って声に出したら『はちがつ』と『ようか』なんだから、内容が分かってたら言い間違えようがないよね。いつもただひたすら原稿読んでるんだと思ってはいたけど、本当に内容に興味すらないんだな。こっそりプロンプターに『今日をもって辞職します』って表示させたらそのまま読むんじゃないか」「都知事が100歩譲ってマシなところは会見で自分の言葉で話してるところ。ミスタープロンプター首相は理解もせず朗読すらあやしいからな」などの投稿が見られた。

石破氏の言葉を思い出す。
「官僚から上がってくるモノは私は書き換えます。それは、大臣たる者当たり前です。栄誉と称賛は約人さんへ、政治家は責任を取る。何故なら政治家は国民の皆様から国を預かる立場にあるからです。国会も主権者たる国民のための国民の時間。そこで嘘や隠蔽など許されない。」
確かに下を向いて答弁しないし、防衛大臣当時のイージス艦と漁船の衝突事故事故の責任を取って辞めた。辞めただけではなく、あれから今年で13回忌。
公用車も使わず秘書も連れず1人電車でご遺族の元へ線香を手向けに通い続けてる。
当時防衛大臣では無く、それから下野しても何してもその責任(思い)を続ける石破氏があるからこそ当時のイージス艦乗組員(自衛隊)も命日に足を運ぶ。
安倍は改竄自殺問題で一度も足を運ばず再調査もしないと。麻生は「墓参り?行く気にはなれませんなぁ。」と。
こんな奴等は早く去るべき。

会見をスマホで見た。字幕はなかったように思う。その内容『中小企業向け
の資金は、早ければ8月』をウチの年寄りに話したら
『そんなに遅ければ潰れるとかがいっぱい出るだろう。』
学の無い年寄りでさえ、そう反応する。
期待していた人は、目の前が真っ暗になったんじゃないか?
こんな重要なこと、間違えないで欲しいものだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする