おっ,これはいい、これは素晴らしい>吉村知事  医療従事者らに10〜20万円

Snagit1_34.png

news.yahoo.co.jp/articles/32920310e9a0e8b82f8ccebedfbed0854c99d1a7

大阪府の吉村知事は6日、新型コロナウイルスに対応する医療従事者らに10〜20万円の支援金を渡す意向を明らかにした。

大阪府では、医療従事者や新型コロナウイルスの軽症者の療養先となるホテルの従業員に支援金を渡すため、「新型コロナウイルス助け合い基金」として寄付を募っている。

6日、読売テレビの番組に出演した吉村知事は、この寄付が10億円に達したとして、医療従事者には20万円、検査に携わる人やホテルの従業員には10万円を渡す考えを明らかにした。

寄付金の具体的な使い道が明らかになるのは初めて。一方で、対象者全員に支給するのに必要な額にはまだ達していないとして、さらなる寄付を呼び掛けている。

嫌味じゃなく単純な疑問なんだけど、こういうことを府知事がこれだけの金額のことをできて、どうして今の段階で国がこういうことに近いことができていないのだろうか。

最前線で戦ってる人に、今出来ること。
ありがとうの気持ちを寄付で。
感謝を伝える方法を示してくれたことに感謝します。

医療従事者の心意気だけに、おんぶにだっこでは、いけない。
双方向の思いやりを示せたのは素晴らしいことです。
国が一貫して拒んでる補償金問題と繋がるものがある。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする