退院の赤江珠緒アナ、医療現場の現状「最先端の 臨床医の声があまり世の中に出ていない」

news.yahoo.co.jp/articles/5734a01d19c3f2e6689df8a694cc673f0c0bed36

私も、現場を知らない。
しかし、現場でしかわからないことがある、ということはわかる。

 番組公式サイトには赤江アナから届いた追記を含めたメッセージを公開。「色々とご心配をおかけしましたが、この度退院となりましたので、取り急ぎご報告致します。この後は、暫くは、自宅療養しながら体力の回復を目指します。皆さま、本当にありがとうございました。今回助けて頂いた医療現場の皆様に心より感謝申し上げます」と報告。

追記として「今回、自分自身が患者となり、医療現場の最先端の臨床医の方々の声があまり世の中に出ていない現状を感じました。報道する側も、自宅待機、病室にも誰も近づけないという特異な病いの現状が、これまでとは違う事態を引き起こしているのだと思います」と現状を伝えた。

「できれば、現場の方々の声が、広く伝わることを願いながら、今回助けていただいた医療現場の皆様に心より感謝申し上げます。ありがとうございました」と改めて医療従事者に感謝の思いを記した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする