橋下徹氏「ステイホームをのんきに過ごしている 」国会議員ツイッターに怒り「真剣さが足りない 」

news.yahoo.co.jp/articles/930d0b523c241e7b581eb522df2f72a3756efd8f

元大阪府知事で弁護士の橋下徹氏(50)が5日、フジテレビ「直撃LIVE グッ
ディ!」(月〜金曜後1・45)にリモート出演。緊急事態宣言が延長された中、
「ステイホームをのんきに過ごしている国会議員ばっかり」と与野党議員にかみ
ついた。

「国会議員のツイッター、時間あったら見て下さい」と呼び掛け、「本当、僕は頭来るのはね、ステイホームの期間にね“こんな本を読みました”“こんな映画を見ました”…アホかっていうですよ!!」と、コロナに関する健康対策や経済対策などを示さずに、趣味ばかりを披露する議員のSNSに唾を吐いた。

「こういう連中が国会(で)やっているもんだから補償についてね、真剣さが全然足りないすよ」と怒り心頭。

「国会議員は、この期に及んで、このご時世にですよ、現金キャッシュは5000万円以上補償されるんですよ。事務所の賃料も秘書の給料も…」と歳費も2割減では少なすぎると主張。高額な歳費で生活を「100%補償される国会議員は、(休業要請で日々の生活に困窮する国民の)痛みを分かっていない」とまくしたてた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする